iPhoneの最近のブログ記事

Fericaが内蔵されていることにつられてiPhone 3Gのうちの1台をシャープのAndroid携帯003SHへと機種変更してみた。
Android携帯については、仕事柄色々な機種に触れてはいたが、どうも自分的にはしっくり来ずに、購入するには至らずにいなのだけど、とうとう手を出してしまった。
で、その実機が先週末に届いたのだが、使ってみての第一印象は「やっぱり使いづらい」だった。
確かに、Ferica内蔵、ワンセグ内蔵、3D液晶、etc...と最新CPUなどハードウェアスペックは魅力的でユーザー達によるベンチマークなどを見ても決してiPhoneに劣らないどころか、それを上回る性能が出ているはずなのだが、何故かそれが感じられず、微妙〜に使いづらい。
まず感じたのがソフトウェアキーボードの使いづらさ。
タッチセンサーの感度や制度はかなり高そうなのだけど、逆にそれが災いして文字のご入力がとても多くなってしまている。
003SHは設定ツールからタッチセンサーのキャリブレーションを行えるのだが、それを行ってもご入力は解消しない。
何でだろう?と思ったら、キーとキー(文字と文字)の間に隙間がない。
文字からある文字へと指を滑らせてみると、全く隙間なくセンスされていて、キーとキーの間をタップすると、必ずどちらかの文字が入力される。
で、同じことをiPhoneのソフトウェアキーボードで実験してみると、キーとキーの間には結構な間隔があって、この間をタップしても文字は入力されない。
また、ダブルタップというか、チャタリングの処理も異なっている。
iPhoneでは文字をタップする際にはある程度反応が悪くなっていて、かなりしっかりとタップしないと文字は入力されない。
ところが003SHではタップの際にちょっと指が離れてしまったりすると、2回文字が入力された状態となってしまいちょっと具合がよろしくない。
某ブログでも同じような感想を述べている人がいたが、まだまだAndroidは作り込みが甘いし、日本の携帯電話メーカーも機能優先主義と言うか、カタログスペック重視と言うか、いらぬ方向に進んでしまっている気がする…

最近、iPhoneのアプリケーションを開発しているが、Xcode 3.2.3で思いっきりハマってしまった。
何が起きたかというと、アプリケーションをデバッグ用にiPhone Simuratorをターゲットにビルドすると「missing required architecture i386 in file」とかいうエラーが出てしまうようになった。
別にそんなに大層な変更も加えていないのに何故だろう?と思ったら、どうやらこれはXcodeのバグらしい。
で、これを復旧するにはFinderで該当のプロジェクトの「パッケージの内容を表示」して、その中にある「project.pbxproj」を適当なテキストエディタで開いて「FRAMEWORK_SEARCH_PATHS」をキーワードに検索し、そのセクションを削除して保存してやるといいらしい。


先日、iPhone 2GでAndroidを動作させる事に成功したplanetbeingが、今度はiPhone 3GでのAndroidの動作に成功したようです。

某氏のブログとTwitterのつぶやきでiPhone OS 4.0 β3がリリースされたと書いてあったので、早速ダウンロードしようと思ったが、某氏の早とちりなのか、それともリリース後にすぐに引っ込められたのか、アップルのサイトには未だβ2しか見つけることが出来なかった。

Gizmodoやengadgetで話題に登っている「忘れ物のiPhone」ですが、これって普通に考えれば「やらせ」じゃないのかな?
ほとんど同時期に異なる別の場所で超機密扱いであるはずの試作機が、同じように飲み屋に忘れ去られるなんて偶然は起こるとは思えないし…

AppleからiPhone OS 4.0のβ2がリリースされました。1βからβ2へのアップグレード内容は不明ですが、当方でテストしている限りではβ1で確認されている不具合や、互換性の無いアプリについては、相変わらずの様子です。

Gizmodoやengadgetの記事によると、Apple社員が飲み屋に置き忘れたiPhoneの開発(テスト)機が記者の手に渡り、その情報がリークされている模様ですが、自分も最近では開発環境一式の入ったノートPCをカバンに入れて持ち歩くことがあるし、開発中のアプリがインストールされたiPhoneやXPERIAを持って歩くこともあるので気をつけなくては…

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちiPhoneカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはiPadです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • 写真
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261