iPadの最近のブログ記事

最近、iPhoneのアプリケーションを開発しているが、Xcode 3.2.3で思いっきりハマってしまった。
何が起きたかというと、アプリケーションをデバッグ用にiPhone Simuratorをターゲットにビルドすると「missing required architecture i386 in file」とかいうエラーが出てしまうようになった。
別にそんなに大層な変更も加えていないのに何故だろう?と思ったら、どうやらこれはXcodeのバグらしい。
で、これを復旧するにはFinderで該当のプロジェクトの「パッケージの内容を表示」して、その中にある「project.pbxproj」を適当なテキストエディタで開いて「FRAMEWORK_SEARCH_PATHS」をキーワードに検索し、そのセクションを削除して保存してやるといいらしい。

docomoがiPad向けにmicro SIMカードを販売するらしいが、はっきり言って、そんなにあっちこっちのキャリアと契約するのも何だかな〜
本当は、iPadはWiFiモデルを購入して、デザリングでiPhone経由で通信をするのが理想なんだけど、ジョブスは「やらない」って言ってたし、バンクもやりたくないんだろうな。
そうなると、WiFiアクセスポイント機能のある携帯を1台と、iPod Touch、iPadとかの組み合わせが無駄が無いのかな?

AppleのiPadとAmazonのkindleがよく比較されているが、根本的にこの両者は違うデバイスだと思うので、この両者を比較する意味はあるのだろうか?
kindleは純粋に電子書籍を読むための専用のデバイスであり、ネットへの接続などについては、あくまでも副次的な機能だろう。
それに比べ、iPadは、ジョブスが述べていたとおり、iPhoneとMacの間を埋める第三の汎用電子デバイスであり、「電子書籍を含む」複数の情報にアクセスすることができる。
きっと、iPadに電子書籍リーダーとしての機能がなかったとしても、買う人は買うはずである。
もちろん、iPadの電子書籍リーダーがkindleより優れていて、読み易く、書籍も充実していて、値段も安ければkindleは淘汰されてしまうのかもしれないが、そんな事はないだろうし。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちiPadカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはAndroidです。

次のカテゴリはiPhoneです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • 写真
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261