モバイルデバイスの最近のブログ記事

最近、Teitterの #003sh でSoftbankの003SHを使ってみての感想や不具合を呟いてみたりしているのだけど、Android端末のユーザーはよっぽど自分の端末に愛情がいっぱいなのか、不具合を報告したりするとまるで親の敵のように反論してくる。
その反論もこちらに非があって間違っていることを指摘されたのであれば「ああそうか!」と納得もいくのだが、「不具合があるなら自分で努力して、例えばサードパーティのアプリを使うなりして解決しろ!」と叱られる。
まあ、こちらもソフトウェア開発に携わる立場なのでソフトウェアにバグの無くならない事も、PCやAndroidの様な情報端末を使うためには多少の使い手の努力や我慢が必要な事は理解はしているつもりだけれども、最初からそれを前提にしてはいけないのでは???

Fericaが内蔵されていることにつられてiPhone 3Gのうちの1台をシャープのAndroid携帯003SHへと機種変更してみた。
Android携帯については、仕事柄色々な機種に触れてはいたが、どうも自分的にはしっくり来ずに、購入するには至らずにいなのだけど、とうとう手を出してしまった。
で、その実機が先週末に届いたのだが、使ってみての第一印象は「やっぱり使いづらい」だった。
確かに、Ferica内蔵、ワンセグ内蔵、3D液晶、etc...と最新CPUなどハードウェアスペックは魅力的でユーザー達によるベンチマークなどを見ても決してiPhoneに劣らないどころか、それを上回る性能が出ているはずなのだが、何故かそれが感じられず、微妙〜に使いづらい。
まず感じたのがソフトウェアキーボードの使いづらさ。
タッチセンサーの感度や制度はかなり高そうなのだけど、逆にそれが災いして文字のご入力がとても多くなってしまている。
003SHは設定ツールからタッチセンサーのキャリブレーションを行えるのだが、それを行ってもご入力は解消しない。
何でだろう?と思ったら、キーとキー(文字と文字)の間に隙間がない。
文字からある文字へと指を滑らせてみると、全く隙間なくセンスされていて、キーとキーの間をタップすると、必ずどちらかの文字が入力される。
で、同じことをiPhoneのソフトウェアキーボードで実験してみると、キーとキーの間には結構な間隔があって、この間をタップしても文字は入力されない。
また、ダブルタップというか、チャタリングの処理も異なっている。
iPhoneでは文字をタップする際にはある程度反応が悪くなっていて、かなりしっかりとタップしないと文字は入力されない。
ところが003SHではタップの際にちょっと指が離れてしまったりすると、2回文字が入力された状態となってしまいちょっと具合がよろしくない。
某ブログでも同じような感想を述べている人がいたが、まだまだAndroidは作り込みが甘いし、日本の携帯電話メーカーも機能優先主義と言うか、カタログスペック重視と言うか、いらぬ方向に進んでしまっている気がする…

最近、iPhoneのアプリケーションを開発しているが、Xcode 3.2.3で思いっきりハマってしまった。
何が起きたかというと、アプリケーションをデバッグ用にiPhone Simuratorをターゲットにビルドすると「missing required architecture i386 in file」とかいうエラーが出てしまうようになった。
別にそんなに大層な変更も加えていないのに何故だろう?と思ったら、どうやらこれはXcodeのバグらしい。
で、これを復旧するにはFinderで該当のプロジェクトの「パッケージの内容を表示」して、その中にある「project.pbxproj」を適当なテキストエディタで開いて「FRAMEWORK_SEARCH_PATHS」をキーワードに検索し、そのセクションを削除して保存してやるといいらしい。


先日、iPhone 2GでAndroidを動作させる事に成功したplanetbeingが、今度はiPhone 3GでのAndroidの動作に成功したようです。

某氏のブログとTwitterのつぶやきでiPhone OS 4.0 β3がリリースされたと書いてあったので、早速ダウンロードしようと思ったが、某氏の早とちりなのか、それともリリース後にすぐに引っ込められたのか、アップルのサイトには未だβ2しか見つけることが出来なかった。

docomoがiPad向けにmicro SIMカードを販売するらしいが、はっきり言って、そんなにあっちこっちのキャリアと契約するのも何だかな〜
本当は、iPadはWiFiモデルを購入して、デザリングでiPhone経由で通信をするのが理想なんだけど、ジョブスは「やらない」って言ってたし、バンクもやりたくないんだろうな。
そうなると、WiFiアクセスポイント機能のある携帯を1台と、iPod Touch、iPadとかの組み合わせが無駄が無いのかな?

AppleのiPadとAmazonのkindleがよく比較されているが、根本的にこの両者は違うデバイスだと思うので、この両者を比較する意味はあるのだろうか?
kindleは純粋に電子書籍を読むための専用のデバイスであり、ネットへの接続などについては、あくまでも副次的な機能だろう。
それに比べ、iPadは、ジョブスが述べていたとおり、iPhoneとMacの間を埋める第三の汎用電子デバイスであり、「電子書籍を含む」複数の情報にアクセスすることができる。
きっと、iPadに電子書籍リーダーとしての機能がなかったとしても、買う人は買うはずである。
もちろん、iPadの電子書籍リーダーがkindleより優れていて、読み易く、書籍も充実していて、値段も安ければkindleは淘汰されてしまうのかもしれないが、そんな事はないだろうし。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちモバイルデバイスカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはアニメーションです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • 写真
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261