ソースコードを開示しないISP

| コメント(0) | トラックバック(0)

計画停電やら、なんやらで自宅サーバーを止めてGMOのVPSを契約した。
で、このVPS、仮想化環境でCentOSを使えるのだが、カーネルや一部アプリケーションにGMOの環境に合わせるために手を加えているらしく、yumのリポジトリがちょっと普通のCentOSとは異なっていて、インストールされているアプリ(今回必要になったのはproftpdだが)のソースコードが取得できない。
メールで問い合わせたら「ソースコードの開示はしていません」と平気で断られてしまった…

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.hoge2.net/mt/mt-tb.cgi/1321

コメントする

このブログ記事について

このページは、kazuが2011年5月30日 14:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「建設的な意見?」です。

次のブログ記事は「さくらインターネットのIPv6」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • 写真
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261