リサーチを騙った不正なランキング操作

| コメント(0) | トラックバック(0)

幾つかのネットニュースのサイトでも話題になっていたが、リクルートがRecoCheckという位置情報を利用したサービスを開始したが、このサービスを利用するためのアプリケーションのApp Storeでのランキングを操作するために、リサーチ会社を使った非常に卑劣な手段を使っているらしい。

RecoCheckに関するIT Mediaの記事

これがどの様手法かというと、リサーチ会社のユーザー対してアンケートメールを送信。
で、アンケートに答えるとリサーチ会社のポイントを貰えるのだが、ポイントを貰えるのは(本当なら!)幾つかの質問に答えた結果、条件に合致して本調査に進んだ人だけ。のはずなんだけど…実際の調査内容はというと、
年齢、性別などを聞かれた後にアプリケーションをダウンロードさせ、アプリケーションの初期画面に表示されている文字を3つほど答えさせるというもので、これに正しく回答できても結局は本調査には進むことが出来ずにポイントも貰えずに、単にこのアプリケーションのApp Storeでのランキングが上がるだけ。
という、いつの間にかランキング不正操作の片棒まで担がされてしまうという何とも卑怯な方法。
確かにサクラによるランキング操作が問題になったからって、こんな卑怯な方法を考えるなんてリクルートて会社は何を考えているんだろう?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.hoge2.net/mt/mt-tb.cgi/1316

コメントする

このブログ記事について

このページは、kazuが2011年2月 3日 14:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Android携帯」です。

次のブログ記事は「とある温泉宿の閉館」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • 写真
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261