2011年2月アーカイブ

最近、Teitterの #003sh でSoftbankの003SHを使ってみての感想や不具合を呟いてみたりしているのだけど、Android端末のユーザーはよっぽど自分の端末に愛情がいっぱいなのか、不具合を報告したりするとまるで親の敵のように反論してくる。
その反論もこちらに非があって間違っていることを指摘されたのであれば「ああそうか!」と納得もいくのだが、「不具合があるなら自分で努力して、例えばサードパーティのアプリを使うなりして解決しろ!」と叱られる。
まあ、こちらもソフトウェア開発に携わる立場なのでソフトウェアにバグの無くならない事も、PCやAndroidの様な情報端末を使うためには多少の使い手の努力や我慢が必要な事は理解はしているつもりだけれども、最初からそれを前提にしてはいけないのでは???

福島県の土湯温泉にある「鄙の宿 東海温泉」という温泉宿が今月いっぱいで閉館すると連絡があった。
この温泉宿はうちのかみさんと結婚する前に行ったことがあり、その後も毎年「勝手記念日」なるものを決めて通っていたほどのお気に入りの温泉宿だったのだがとても残念で仕方がない。
ネットのBlogなどを検索しても宿泊客の評価も高く、我々と同じように毎年、あるいは季節ごとにと通っていたお客さんも多いようだが、確かに立地も土湯温泉の更に奥まったところにあって交通の便も決して良くはないので経営は大変だったのかもしれない。
宿の雰囲気やサービス、そして肝心の温泉も凄く良いところだったので、うまく宣伝などを利用すれば少しは経営を改善できたのかもしれないが、それはそれで東海温泉の持つ鄙びた落ち着いた雰囲気が無くなってしまう可能性もあり難しかったのかも。
本当に温泉や宿の雰囲気は一級品なので、出来ることならこのまま朽ち果てることはなく、別の経営者の手でも良いのでなんとか再建して欲しいとも思うが、それもやっぱり同じような理由で難しいのかもしれない。

幾つかのネットニュースのサイトでも話題になっていたが、リクルートがRecoCheckという位置情報を利用したサービスを開始したが、このサービスを利用するためのアプリケーションのApp Storeでのランキングを操作するために、リサーチ会社を使った非常に卑劣な手段を使っているらしい。

RecoCheckに関するIT Mediaの記事

これがどの様手法かというと、リサーチ会社のユーザー対してアンケートメールを送信。
で、アンケートに答えるとリサーチ会社のポイントを貰えるのだが、ポイントを貰えるのは(本当なら!)幾つかの質問に答えた結果、条件に合致して本調査に進んだ人だけ。のはずなんだけど…実際の調査内容はというと、
年齢、性別などを聞かれた後にアプリケーションをダウンロードさせ、アプリケーションの初期画面に表示されている文字を3つほど答えさせるというもので、これに正しく回答できても結局は本調査には進むことが出来ずにポイントも貰えずに、単にこのアプリケーションのApp Storeでのランキングが上がるだけ。
という、いつの間にかランキング不正操作の片棒まで担がされてしまうという何とも卑怯な方法。
確かにサクラによるランキング操作が問題になったからって、こんな卑怯な方法を考えるなんてリクルートて会社は何を考えているんだろう?

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • 写真
OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.261