2007年6月アーカイブ


あの朝日ソノラマが9月で廃業してしまうらしいです。
最近の人は知らないのかもしれませんが、私の世代ではアニソン(なんては呼んでませんでしたが)と言えば朝日ソノラマという時代もありました。今で言えばスタチャやジェネオンとかのイメージだったでしょうか?
朝日ソノラマといえばソノシートですが、ソノシートと言えば、一時期のコンピュータ雑誌でプログラムの配布手段としてソノシートを利用していた時期があったのを思い出します。
今では想像がつかないかもしれませんが、ソノシートに「カンサスシティー・スタンダード」(知ってます?データ変調の方式で300ボーでデータを記録できます)で記録されたプログラムが入っていました。
最初に手に入れたのはInterface Ageというコンピュータ雑誌に付いていたTiny BASICで、これをそれなりに苦労して自作コンピュータ(間違ってもパソコンではありません!)にロードしてスタートレックを打ち込み(ここは手で打ち込みます)遊んだ記憶が甦ってきます。


世の中にはプログラムを組むのに頭の中で組み上げるのか、全く手を動かさないプログラマーもいるようです。
自分はどちらかといえば、思いついた端からコードを叩き込んでチャッチャと動かしてしまう派なので結構デバッガの出来がいい環境は大切です。
まあ、本来であればちゃんと仕様を考えて、コーディングしたプログラムもよく見直して多くて数回のコンパイルとテストだけで動かすってのがプロの?プログラマーなのかもしれませんが。

.NETフレームワーク
最近仕事で.NETフレームワークを使ったコードを弄っているのですが、旧世代の人間にはとても奇異な世界です。
MFCを使っていたときですらプレインなAPIや旧態依然とした「標準関数」を使っていた人間にはこれが使えない世界と言うのはだいぶ苦痛です。
単なるキャストも駄目、文字列は変なクラスに押し込められ、面倒な変換の手間を踏まなきゃ普通に使えないなんて...
今時のプログラマーにはやっぱりこれって楽なんですか?
ああ面倒くさ〜

ここのところの泊り込みでなんだか体が汗臭くてたまりません。


多分土曜日からだと思うけど、家に帰れず会社で生活中です。
今の仕事の締め切りが今月の末なので、ラストスパートといったところでしょうか?
今月の最後の日曜日には所属するモータースポーツクラブのダートトライアル選手権があり、計時委員長(要は時間を計る人)で参加するのですが、特権として練習会に参加させてもらうのでタイヤを色々と物色していたのですが、なんとか入手できそうな雰囲気です。
しかし、この手の競技用タイヤというのは性能重視であり耐久性は二の次となっているため、とても減りが早く、気合を入れて走ってしまうと2〜3回走っただけで廃棄処分となってしまい、とってもお金がかかります。
ああ、誰かスポンサーになってくれないかな〜


今日は友人の結婚式に参加するということで「やますた」君が会社に差し入れを持って顔を出してくれたのだが、手に持っていたのはなんと「でっかい瓶に入った栄養ドリンク」!そう、俗にいう日本酒というやつで、普通修羅場と化している開発現場への差し入れと言えば普通の瓶に入った「普通の栄養ドリンク」などが定番だと思うのだが、どうなんだろう?そういえば、この間某取引先の担当者さんも同じ様な物を差し入れてくれたし、やっぱりこれが定番なのだろうか?う〜ん...
しかし、この銘柄が微妙〜な気が


今日は久しぶりに家に帰れるので、ちょっともつ蔵に寄り道です。最近のあまりの忙しさにほとんど顔を出せずだいぶご無沙汰していたのでなんか久しぶりに寛いでいるところです。残念なのは寝不足でいまいちパワーが無い事でしょうか?